しまむら大好きな40代主婦の洋服管理ノート。プチプラ服でシンプルベーシックな大人カジュアルを研究中!

大人の着やせ・着こなしバイブル|スタイリスト石田純子監修を読んだ感想・レビュー

参考にしている本・雑誌
150513-1

スタイリスト石田純子さんが監修した本を図書館で借りてきました。

最初の本が「大人の着こなしバイブル」で、次に発行されたのが「大人の着やせバイブル」のようです。

B5サイズの本で、モデルさんではなくトルソーが来ているので着画イメージが中立になっていいですね。

アラフォーの私には、読んだときは少し年齢層が高めに感じました。アラフォー以降の40~50代の方にはぴったりきそう。

ベーシックな少しカチッとしたテイストです。私はもう少しカジュアル寄りが好みですが、基礎がしっかりと解説されているので、参考にできる点が多いです。

スポンサーリンク

大人の着こなしバイブル

150513-3

「大人の着こなしバイブル」のサブタイトルは「なにを、どう着ればいいのかわからないあなたへ」。

定番アイテムの選び方が参考になります。特にNG例が自分の手持ちアイテムとかぶります(苦笑)。そうか、だからうまく着こなせないのか。

【ベーシック&シンプルの安心感とワナ】のコーナーでベージュとグレーの着こなしが印象的。アクセやストールでここまで素敵になるの?という驚きがありました。

そのほかに気になったコンテンツを。

・上品と地味の境界線
・若々しさと若づくりの境界線
・前進の甘辛バランスを見極め、コーディネートの極意をマスターする

2011円発刊の本ですが、2015年に見ても古さを感じないので、本当にベーシックが王道のコーディネイトだと感じました。

アマゾンはこちら
>> 大人の着こなしバイブル―なにを、どう着ればいいのかわからないあなたに

スポンサーリンク

大人の着やせバイブル

150513-2

「大人の着やせバイブル]のサブタイトルは「あなたは太って見える着こなしをしているかも!」。

最初の本でも着やせのコンテンツがあったのですが、それをさらに詳しく解説しています。

この本のいいところは、身長別のコーディネート例があるところ。155cm未満・165cm未満・165cm以上と3パターンあります。同じアイテムでも身長によって着こなしが変わりますものね。

私は身長150cmでかなり背が低いので、今までの経験で似合わない物や苦手なものはなんとなく分かっていたような、分かっていないような・・・。

それがはっきりと理論化されているので、もやもやがすっきりしました。

参考になったコンテンツを。

・シルエット作りの着やせバランスを学ぶ
・支配色とアクセント色の着やせバランスを学ぶ
・定番アイテムの着やせの攻略
・トップとボトム上下バランス攻略

こちらの本も、よい例と一緒にかならずNG例が紹介されています。「そうかそうか」と納得してしまうNG例ばかりです。

私はおしゃれが得意な方ではないので、NG例があった方が分かりやすいと思いました。

アマゾンはこちら
>> 大人の着やせバイブル―あなたは「太って見える」着こなしをしているかも!

翌年の2012年に着まわしの本も発刊されているようです。

アマゾンはこちら
>> 大人の着まわしバイブル―服はたくさんあるのに、着る服がないと嘆くあなたに

2015年に愛蔵版が発刊されています。

アマゾンはこちら
>> 愛蔵版 大人のおしゃれバイブルSpecial Edition

図書館で借りた2冊を比べると、小柄な人の着こなしがわかりやすく解説されている「大人の着やせバイブル」の方がほしいです。

アマゾンの中古本なら送料込みで500円くらいで手に入るようなので、買ってみようかな。定価だとまた図書館で借りればいいやって思ってしまいますが、500円なら手元に置いておきたいです(*^o^*)


スポンサーリンク
参考にしている本・雑誌
注目記事(一部広告を含みます)