モニター

ダニエル・ウェリントン腕時計を使ってみた感想

150330-4

光栄にもモニターさせていただいているダニエル・ウェリントンの腕時計。2週間ほど使ってみて気づいた点などをレポート!

使い心地は?

私のは時計の部分が36mmのタイプで、ローズゴールド色の、ベルトはこげ茶です。

最初はベルトの厚みがあって固かったので装着するのが大変でした。本革なので使ううちにやわらかくなります。やっと馴染んできてフィットするように。

150419-1

時計だけでも目立つのですが、アクセと重ねて着けてみました。

GUのプチプラアクセなので、ゴールド色の違いが一目瞭然。今度はもっと華奢なアクセと合わせます(苦笑)。

文字盤が36mmあって大きいのがポイントになって素敵ですが、やはり実用面を考えるともう少し小さめがいいかも。

手首へのフィット感を求めるなら、革ベルトではなくてこちらのタイプの方がいいみたい。

150330-7

ベルトは自分で付け替えができて、別売りされています。

36mmサイズは確かにかわいい!今っぽい!

でも、私は気に入ったものは長くずっと使いたいタイプなので、そういう点から考えると、もう一回り小さ目のものの方がよかったかなぁと思っています。

ダニエル・ウェリントンの腕時計の詳細レポート

ダニエル・ウェリントンの時計は本体の大きさ、色(ゴールドORシルバー)、ベルトの種類の組み合わせでたくさん種類があります。

私はプチプラコーデ術のYokoさんとおそろいの時計を勝手におそろいを選ばせてもらいました(*´∀`*)

150330-3

私がつけるとこんな感じの大きさです。

150330-6

私は36mmタイプのローズゴールドを選びましたが、シルバーもあります。

ベルト部分は黒と、茶色は数種類。私はこげ茶(Classic Bristol Lady)を選びました。

私がモニターさせていただいたのは20000円の商品です(2015年12月現在で22000円になっています)。小ぶりなものだと13000円からありましたよ。

公式サイトはこちら。

 ダニエル・ウェリントン公式サイト

ABOUT ME
komie
komie
アラフォー40代主婦がシンプルベーシックな大人カジュアルを研究中!しまむら・GU・ユニクロのプチプラ情報も発信しています。

注目記事(一部広告を含みます)